自称第1種兼業ミュージシャン?えむによるブログ 

ミックスについて

普通、音楽を制作する者にとって必ずやる作業がある。
ミックスとかミックスダウンとよばれるものだ。

各パートのレコーディングが終わり、
CDのもとになるテープ(※DATテープ)
にバランスをとって落とす(録音)作業だ。

これは非常に集中力を要するし、かといってやりすぎても
耳がまひしてきて何がいいかわからなくなる。
今、REIGNというバンドのミックスをやっているが
最終作業なので非常に時間がかかるし
時間をかけたいものだ。

ミックスしたらバランスがとれているかモニター
しなければならない。
モニタリングもまた大切な作業だ。
一般リスナーが聞くいろいろな場合を想定して、
バランスよく鳴っているかチェックする必要がある。
モニタリングはだいたいカーステレオや
ヘッドフォン、台所につけてある特性スピーカ(笑)
で行っているが車が一番わかりやすい。
セカンドアルバムもおそらく車モニターだろうなぁ…(^-^;)。

※DATテープ…普通のアナログテープと違い、
デジタルで録音できるメディア。放送局やスタジオでの
マスターテープとしても定評があり、サンプリング周波数もCDより再現性の高い
48kHzで行われている。耐久性、保存性にも優れる。
 
 
プロフィール
 
 

えむ

  • Author:えむ
  • 現在ベンチャー企業を経営する傍ら
    兼業ミュージシャンとして活動中。
    お問い合わせはこちらまで。
 
 
最近の記事
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
リンク