自称第1種兼業ミュージシャン?えむによるブログ 

GIGABYTE GA-P55A-UD3R[rev1.0]のCPUファン回転数が高い(うるさい)のを改善する方法

20140521-1.jpg

かなりレアなケースの改善事例です。

GIGABYTE GA-P55A-UD3R[rev1.0]のCPUファン回転数が高い(うるさい)のを改善する方法。

どうやら、BIOSのバージョンがF4(2009/11/20)より古いものだと、最高速度で回り続けるっぽいです。

GIGABYTE GA-P55A-UD3R[rev1.0]は2台、ほぼ同じ構成の自作器があり
片方がやたらうるさいので、変だなぁと思ったのがきっかけ。

SpeedFanというフリーソフトで、ファンの速度を計測すると
他のマシンが1700回転前後に対して、うるさいマシンだけが2300回転も回っていることが判明!
これはやはりおかしい!ということで、改善にふみきる。

●試したこと
・CPUファンを変えてみたが変わらず (→ファンのせいではない)
・CMOSクリアしてみたが変わらず(→CMOSのせいでもない)
・BIOSのバージョンを比べてみた(BIOS画面でF9押すとバージョン情報が出ます)

 うるさいほうのBIOSはF3
 静かなほうのBIOSはF4

 という違いが! 残るはもうこれくらいしかない!ということで、BIOSのバージョンアップをすることに。

●GIGABYTE BIOSのバージョンアップ方法

ギガバのサイトで、サポートダウンロードのところで
ユーティリティを選択。対象のOSを選択。

@BIOS というソフトをDLしてインストール。

@BIOSを起動して、Update BIOS GIGABYTE Serverを選択。Japanを選択。
新しいバージョンを選択して、次へ次へ。

OS再起動して完了。OS上からすんなりとできました。
特に不具合もなしでした。

注意点としては、RAIDを構築している場合、BIOSアップデートするとハードウェア情報が変わるため
不具合が起きる可能性があるとの事。

RAIDなし運用の場合は、特に気にすることはなさそうです。
BIOSアップデートは、不具合が怖いのか、メーカーサポセンなどに聞くと
やたら、させないように、自己責任とかばっかり言ってきますが
ほぼ無視っていいでしょう。

問題は、どういうリスクがあるかを明確にしてから自己責任で行うかという点だと思います。
どういう不具合が起きる可能性があるかをクリアーにしておけば、リスクは減ると考えます。

個人的な意見としては、不具合のある古いバージョンを使うより
問題点の改善された新しいバージョンを使うほうがよっぽどマシだと思うわけです。

基幹業務システムのサーバーでダウンタイムが最小限とかいうシビアなものなら買えませんが
個人用途レベルなら問題ないかと。

今回のでホント、BIOSは新しいの(安定版)にかぎるなって思いました。

■GIGABYTE - マザーボード - Socket 1156 - GA-P55A-UD3R (rev. 1.0)
http://www.gigabyte.jp/products/product-page.aspx?pid=3240&dl=#ov
 
 
プロフィール
 
 

えむ

  • Author:えむ
  • 現在ベンチャー企業を経営する傍ら
    兼業ミュージシャンとして活動中。
    お問い合わせはこちらまで。
 
 
最近の記事
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
リンク