自称第1種兼業ミュージシャン?えむによるブログ 

SONY BRAVIA KD-55X9200B おすすめ初期設定メモ

SONY BRAVIA KD-55X9200B おすすめ初期設定メモです。
意外と、初期設定に関する記事がなかったので、記載しておきます。

この機種は、とにかく売るための一発勝負というか、店頭用の設定がずっと生きているので
購入したら設定をカスタマイズするのがおすすめです。

というか、設定を変えないと購入の選択肢からも外れてしまう恐れがあるので注意です。

初期は、画質、音質ともにインパクト重視の設定になっています。
音質はドンシャリ、画質はコントラスト高めで明るくクッキリという感じ。

超素人の方は店頭で、これはすごい! と思うかもですが、ちょっとよく考える人だと、デモ映像ではなく地上デジタル放送のチャンネルにすると思います。そのときに、人物がアップになると、肌がのっぺりして、ろうにんぎょうのような印象をもつと思います。またコントラストが強すぎて、目が疲れるという感じでしょうか。

ですが、設定さえ変えれば他メーカーのように、見やすい画質、聴きやすい音質になります。

ただ、ちょっと設定がわかりにくいのでメモがてら記載しておきます。

※設定変更ポイント
----------------------------
・購入後は、店頭デモ用の設定になっており、オプションメニューから画質、音質を変えても、時間がたったり電源を切ると店頭デモ設定に戻ってしまうのです。で、どうすれば設定がずっと有効になるかというと、ホームボタンから、画面右上の小さい設定アイコンを押して、機能設定から、本体設定、店頭展示設定から、デモモードを解除してください。

・購入後は、ディスプレイの下のLEDがずっと点滅しているのですが、さすがにずっとだとうざいので、設定時のみ点灯にかえましょう。ホームボタンから、画面右上の小さい設定アイコンを押して、機能設定から、本体設定、イルミネーションLED設定から変更ができます。

・上記設定がすんだら、画質設定です。
 画質はホームボタンから、画面右上の小さい設定アイコンを押して、機能設定から、画質で変更します。
 画質は、「スタンダード」にしましょう。これで、コントラストがだいぶマイルドになります。
 あとは、好みに応じて、バックライトをちょい下げ、明るさをちょい下げ、シャープネスは上げで、ろうにんぎょう現象はだいぶ改善されるはずです。

・次に音質設定です。
 画質はホームボタンから、画面右上の小さい設定アイコンを押して、機能設定から、音質で変更します。
 音質は「スタンダード」にしましょう。これで、ドンシャリよりはだいぶマシになります。
 もっとフラットにしたい方は、サウンドブースターを解除しましょう。
 さらに詳しい方はイコライザーで、好みに合わせると良いです。

 ※ここで、サウンドブースターを解除するかどうかのポイントですが、小音量とかでTVをみる人は、オンにしておいたほうが低域が聴こえて良いと思います。ある程度の音量でずっと聴いている人はオフにしたほうが疲れないと思います。

----------------------------

TVは、毎日日常で観るものなので、通常は長時間使って疲れない設定が望ましいと思います。
その上で、シネマ、ライブとかを観る場合、ワンポイント的に、モードを変えたりしてメリハリをつけると良いでしょう。

画質の細かなレビューは下記レビューページが参考になります。

4K BRAVIA KD-55X9200B レビュー(画質編)
http://taiseiko.blog.so-net.ne.jp/2014-12-21
 
 
プロフィール
 
 

えむ

  • Author:えむ
  • 現在ベンチャー企業を経営する傍ら
    兼業ミュージシャンとして活動中。
    お問い合わせはこちらまで。
 
 
最近の記事
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
リンク