自称第1種兼業ミュージシャン?えむによるブログ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

作曲について

今日は文化の日だった。
文化の日にふさわしく作曲をした。

芸術作品というものはやっぱり
生ものであって自然発生現象だと思う。
曲を書こうと思って書くことはできるけど
やっぱり自然に出てきたときが書きどき。

ひとには色々タイプがあると思うケド
僕は詞ありきの作曲であって
だいたいは詞が先。
詞を眺めていると、曲が浮かんでくるというカンジ。

曲が先という人もいるけど
僕は詞のイメージを大切にしたいし
詞から生まれてくる情景が「音」になると
信じているからこのスタンスは崩したくない所だ。

作曲家として曲の良し悪しは必ずついて来ると思うケド
いい曲ができたらやっぱり半分は歌詞のおかげなんだよね。
作詞家には申し訳ないけど
悪い曲になったら半分は歌詞のせい!?なってしまう。

ヒット曲の背景には必ず歌詞がある。
作詞→作曲→編曲(アレンジ)の順に決まると思う。
いい歌詞があると、、いい曲ができる可能性ができる。

いい曲があると、いい編曲ができる可能性ができる。
いずれも作業は前者に依存している。
ただし、可能性ができるというだけで、
必ずしも後者がよくできるとは限らない。

そこは僕らコンポーザー側の責任だけど…(^-^;)。
だから僕は詞がよくないと作曲はやらない。
というかできない。
詞がいいというか、自分にピンとくるかという次元の問題だけど。
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://mism.blog13.fc2.com/tb.php/270-efc3d67d
 
 
プロフィール
 
 

えむ

  • Author:えむ
  • 現在ベンチャー企業を経営する傍ら
    兼業ミュージシャンとして活動中。
    お問い合わせはこちらまで。
 
 
最近の記事
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
リンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。