自称第1種兼業ミュージシャン?えむによるブログ 

OracleのDELETE文で外部結合する方法

だいぶ前にも一度遭遇した覚えがあるのですが
ふと何気なく、DETETE文に外部結合を使うとエラーが…。

調べてみると、Oracleでは、削除対象とは別のテーブルを結合し、
結合したテーブルの値を使用するには、
サブクエリーを使用しないといけないとの事。

何かそういうのがありましたね。
以外とDELETE文で外部結合する機会がないので
すっかり忘れていました。

[例]
DELETE
FROM A_Tbl A
WHERE EXISTS
( SELECT 1_Clm FROM B_TBL B
WHERE A.1_Clm = B.1_Clm
AND A.2_Clm = B.2_Clm
AND A.3_Clm = B.3_Clm
AND B.4_Clm <= '500'
)
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://mism.blog13.fc2.com/tb.php/401-22478253
 
 
プロフィール
 
 

えむ

  • Author:えむ
  • 現在ベンチャー企業を経営する傍ら
    兼業ミュージシャンとして活動中。
    お問い合わせはこちらまで。
 
 
最近の記事
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
リンク