自称第1種兼業ミュージシャン?えむによるブログ 

MDR-EX90SLの偽物検証(自腹レビュー)

MDR-EX90SLの偽物検証(自腹レビュー)です。

MDR-EX90SLといえば、生産完了の名器として名高いんですが
オークションを中心に偽物が出回っているようです。
ただし、これといった判別方法の決定打や比較レビュー情報がネットにないので
世のため人のためオークションで購入し、自腹の徹底レビューを決行します!
ちなみに私は本物を所持しています。

【結論】
オークションなどに出回っているものは、ほとんどが偽物。

【見分け方】
■買う前
→輸入品や、外国から送付するような記載があるものは
新品であろうが未開封であろうが偽物の可能性が高いです。

■買った後
非常に精巧にコピーされていますが相違点をまとめました。

●音質が明らかにこもっている。
⇒イコライザーの高音をカットしたような感じです。MDR-EX90SLといえば
高音のヌケ、クリアさが売りなので明らかに違うの事がわかります。音場も狭いです。
新品だとエージングされていないので、高音がシャリっと耳に付つくぐらいが本物でしょう。

●プラグの根元を1周してみるとCHINAの文字がない
⇒本物は片面にCHINAの文字があります。偽物はどちにの面もありません。

●本革ケースの底だけが違う材質でツルっとしている
⇒本物は全て本革ですが偽物は明らかに底だけツルっとした合成皮です。

●本革ケースのパチっと止める部分のメーカーが違う
⇒本物はBRAND-Xというブランドですが偽物はTHKです。偽物は留め具合いもきついため
皮がかなり伸びます。

【総評】
ということで、見た目では本当にわかりづらいくらい精巧にできています。
パッケージや印刷物もきちんとしていますし。
なので、現在出回っているオークションの新品は怪しい可能性が高いですね。
サウンドハウスさんでは、正規品の輸入版MDR-EX90LPを取り扱っているので
どうしても欲しい方は90SLのケーブル長い版のこちらを購入されるといいでしょう。
ちなみに、私も2台目として購入しましたが間違いなく本物でした。
違いといえば、本革ケースの材質がちょっと硬いものになっていたぐらいです。
ここまで、多くの人が注目しているわけですからSONYさんには
しっかりとした後継機を出してほしいものです。

20090614-1.jpg
20090614-2.jpg
20090614-3.jpg
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://mism.blog13.fc2.com/tb.php/453-4fd936d3
 
 
プロフィール
 
 

えむ

  • Author:えむ
  • 現在ベンチャー企業を経営する傍ら
    兼業ミュージシャンとして活動中。
    お問い合わせはこちらまで。
 
 
最近の記事
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
リンク